お客さんのふり

 現在、お店は夫と私とで2交代制で回している。私が早番で夫が遅番で、22時に交代。もっとも、カウンターにお客さんがいれば私も残ることになるが、いなければ私の仕事は22時で終わり。  しょっちゅうではないが、仕事が終わった … “お客さんのふり” の続きを読む

きっかけ

 このエッセイは隔週連載なのだが、正直言って毎回ネタ探しに苦労する。この2週間、特にネタになりそうな出来事がなかったので、今回は私が自分のお店を持つに至った話をしようと思う。  私のホステスデビューは30歳の時。パートの … “きっかけ” の続きを読む

予約時間

 お店の電話が鳴ると、おっ! 予約の電話かも! と期待に胸が高鳴る。「電話料金が安くなりますよ」とか、「電気料金が安くなりますよ」等の営業電話の場合もあるけど、たいていは期待通りの予約の電話だ。 「もしもし、今から◯名入 … “予約時間” の続きを読む

お気に入りの氷

 あけましておめでとうございます。2024年の初エッセイです。今年もよろしくお願いします。  2023年の大晦日の午後、いつものように氷屋さんに電話して、留守電に注文個数を伝えておく。前日が大忙しで在庫が1袋しかないので … “お気に入りの氷” の続きを読む

店休日

 お店の定休日は、日曜日と祝祭日。オープンした当時からずっとそうだ。私がホステスをしていた頃のお店も日祝休みだったし、子どもが小さい時は学校の休みと同じがいいのでそういうことにした。  もし経営が厳しくなったら日曜日も休 … “店休日” の続きを読む

3時間勤務

 私がちょっと体調を悪くしてしばらく休んでいる間、夫にお店をみてもらっていた。そして私の仕事復帰をきっかけに、営業時間の19時から25時(AM1時)までの6時間を、私と夫とで半分ずつ分けて店番することにした。私は開店から … “3時間勤務” の続きを読む

通訳アプリ

 うちはカラオケバーなので、カラオケを通してお客さん同士が仲良くなることがよくある。内地からの観光や出張のお客さんに、常連のウチナーンチュが話しかけて意気投合して、肩を組みながらカラオケを歌い、指笛で盛り上げる。お酒とカ … “通訳アプリ” の続きを読む

階段登る

 お酒での失敗は誰にだって1度や2度はあると思う。失敗を積み重ねて、私も含めてみんな年齢と共に学んで飲み方も上手くなっていくんだろう。  つい先日、大人の階段を登っている途中の若者たちが私のお店でやらかした。  滅多にな … “階段登る” の続きを読む

粗隠し

 夫がカウンターに入る時は、私がカウンターに入る時よりも店内の照明を明るくしているらしい。  私が入る場合は調光のツマミを絞って7割くらいの明るさにしている。明る過ぎず暗過ぎずといったところだ。いつも同じ明るさになるよう … “粗隠し” の続きを読む

透け透けトイレ

「BAR TO BAR」のトイレのドアは常に開けっ放しにしている。トイレにはクーラーがないので、閉めているとサウナのように暑くなってしまうからだ。特に真夏は大変な暑さだ。そこで、クーラーの効いたフロアの冷気を取り入れたく … “透け透けトイレ” の続きを読む